もう少しだけ「The Last Five Years」

今日の「かめあり りりおホール」にて東京公演が終了ですね。

全国各地のおねい様方が「別嬪」のやまもっさんを熱烈にお待ちしていらっしゃる事でしょう。

んと。先日は芝居のレポっつぅか感想らしきモノは一切アップしなかったのですが…。
この辺で、ちょっこっとだけ語らせて頂いても良いかなぁ?

これから公演の有る土地にお住まいの方で「ちょっと早く観たからって生意気に語るんじゃないわよ!ぺっ!」って方は清々しくこのブログ(もどき)を踏みしだいて、どうぞ他へ移られて下さい。
ご、ごめんなさい。(先に謝っておこう。←小心者)

結構色々なブログで「L5Y」のレポを読ませてもらいましたが、やまもっさんとNaoちゃんの力量の差が有り過ぎて、観ていて辛い…みたいな感想が多かった様なんですね…。
(クララも確かその様な感想を漏らしておりました。)

そっかなぁ?ハイジはこのミュージカルでぶっちゃけ、もちろん、やまもっさん目当てで行った訳ですけど、今回のヒットはNaoちゃんだったなぁ〜って思ったんですよね。

もちろん!もちろん!やまもっさんは演技力、歌唱力、全てにおいてさすが熟練の味(?)と唸るくらい素晴らしいモノでありましたけども!

Naoちゃんの初々しいキャシーは舞台初体験の方だからこそ表現できるものではなかったか?と。

幕が開き、1曲目にNaoちゃんが唄い出す「ジェイミーはもう旅立った〜♪」っていうフレーズは頭から離れないくらい強烈なインパクトで、暫く無意識に口ずさんだりしちゃいましたもの。

売れない女優のキャシーは何度オーディションを受けても合格しない。一方でジェイミーは作家として着実に成功を収めている。でも専業主婦になるのはイヤ…。

この辺のジレンマを唄う辺りなんかも猛烈に可愛くて…。
キャシーは最初、ジェイミーとの別れに苦悩する暗い顔から始まるけれど、時を遡るに従って生き生きと楽しそうな、「恋する乙女」に戻っていく訳ですよ。
これはねぇ。上手い演出だったんだなぁ〜と半月程経った今頃シミジミわかってきました。(おいおい…)

だもんで、今日「りりおホール」に当日券でもう一度観に行こうと思ったんですがね…。
ふ…。月末だってのを忘れてたよ…。仕事終わりゃしね〜もの。

甘かった。
Naoちゃんがどれだけ上達してるのか観たかったのに…。(誰のファンだよ!!)

いや、でも良い作品です。正〜直、最初、観終えた時はなんとなく「物足りなさ」を覚えたのですが、後からジンワリ効いてくるね。あの作品は…。
サントラ買っちゃおうかしら…とか思えるくらいに…。(多分買わんけど←買わね〜のかよ!)

こんな上っ面な(っていうかNaoちゃんの事ばかりだよ)感想ですんまそん。

どう捉えるかは人それぞれですから…ね!
[PR]
by kurahai2005 | 2005-07-29 21:05 | 山本耕史
<< 大江戸八百八町 徹子をようやく…。 >>