「HAZARD」観て参りました。

まったくもって言い飽きましたが・・・

ご無沙汰しております!ハイジです。


いろいろ、いろいろ暗躍してるんですけどね。
なかなか文字に起こすっちゅ~のは大変な事ですよ。ええ。

今日は久々にオダジョさんの話題を。

ただいま公開中の「HAZARD」観て参りました。
なんで、撮影から公開まで4年もかかったのかは皆目不明ではございますが、そのお陰で今や飛ぶ鳥も、孵化寸前の鳥までも落とす勢い(?)のオダジョさんの若いお姿を拝む事が出来ました。


********↓  ここからネタばれ注意報発令中********* 



どのレヴュー読んでも「酷評」ばかりだったので、もう全く期待せず、水曜レディースデーで更なる保険をかけて挑みました。(そこまでしなくても)

・・・が、あれ?意外と・・・いけるんじゃないかと。
お話はねぇ~・・・。「眠い国ニッポン。眠れない国ニッポン」そんな大馬鹿野郎のニッポンから出て行ってやる!

ってね。どうぞどうぞ、ご自由に・・・ってお話でしたけども、トンガってもトンガリ切れず、結局つるまねぇと何もデキネェじゃねぇかオダジョさん・・・でしたが、そうと思わせながらもラストはキッチリ決めてくれたので「後味悪い」感じはしませんでした。

4年前と言えばちょうど「組!」の撮影に入るかどうか?って頃ですよね?
やっぱりちょっぴり「ワンコ斎藤」を彷彿とさせてくれて、思わず頬も緩みがち。
また、シチュエーションもなんとなく「組!」に似てるんだな。これが。

いきなり単身NYに乗り込んは良いけど、言葉も通じず身包み剥がれてお腹空かせてフラフラしてるところを、ちょいとここらじゃ名の知れた悪のグループに拾われ、英語を教わり、銃の撃ち方を学び・・・ラストは仲間が警察に殺されたり捕まってしまったり・・・。

そしてオダジョはひとり復讐を誓うのだった・・・みたいな。

「組!」じゃね?

「局長ーーーーー!!」みたいなね。
「近藤の首、奪い返して参れ」「わん!」みたいなね。


最初はカタコトの英語しか喋れ(ナイ演技をしていた)なかったジョー君が、ラスト近くすごい滑らかに英語で「脅し文句」を叫ぶシーンはかっこよかった。
これは痺れました。こ~ゆ~の上手いよなぁ・・・。

へたれればへたれるほど、ラストに効いてくるという・・・。この演出は憎いね、そんしお~ん。


今の小汚くて外人モデルみてぇな「セクシー全開」(誰が言ってるんだ?)のオダジョさんも嫌いじゃないけども、若いときの可愛いオダジョさんも良いもんです。
(なんでも良いって話ですが、結局)


ど~でも良いけど上映館がアニメイトの2階にあって、キャパ75席しかないし、上映期間1ヶ月だし・・・。何人の人が観れんのか!っつ~話ですよ。


ちなみに渋谷は12/8までですよ~。


ハイジでした。
[PR]
by kurahai2005 | 2006-12-01 17:28 | オダギリジョ−
<< 寒中お見舞い申し上げます。 思うこと色々。 >>