華麗なる

お久しぶりのクララです。

久しぶりに書かねばならないのは・・・

「華麗なる一族」

トシ的には局長と同じグループの方と競演も複雑だろうが、源さんと競演も複雑か?

まあ、なんでしょねえ・・・
「華麗なる一族」自体ちょっと私は笑えちゃうので(特に「肖像画」と「将軍」がね)山本くんはずいぶん渋く見えます。うん。
そういう意味では、山本くん的には悪くないかもねえ。
そういう渋い芝居の中では彼の声のよさが際立ちますしね。
良いことです。

でも、まあ、そういうわけで、ドラマそのものは、、、、
期待してたんだけどなあ・・・
せっかくの「周年記念大作」なら、フジの「白い巨塔」並みに渋く重く行って欲しかったのに、キモチ軽いのはなぜ?
将軍のせいばかりではあるまい。。。。
うーむ。
「組!」だって時には
「軽い・・・!大河の癖に軽い!!」
と思いましたが、その軽さとは異質な軽さ。
狙った軽さじゃない所為だよね。きっと。あーあ。

というわけで、その軽さの原因究明のためもう少し見てみます。

ハイジも観てる~?
[PR]
by kurahai2005 | 2007-02-06 00:21 | 山本耕史
<< 華麗なる「将軍」君に会いたいのだ。 寒中お見舞い申し上げます。 >>