<   2005年 02月 ( 26 )   > この月の画像一覧

「それが軍議というものではないかー!!」

山南さん3大シャウトのひとつでございますな。

いよいよ「新選組!」DVD第壱集が発売され、「組!」フリークの皆様の元へも届き始め、悶え苦しむ「腐女子」が世に蔓延している事でございましょう。
(え?おまえだけだって?ウソ〜〜ん!)

…とは言えまだ手元には届いておりません。クララの特殊ルートを頼りにしているハイジでございます。

クララの日記にもありましたが、昨夜クララ含めた女性6人でちょいとコ洒落たメキシカンバー(?)に行ってきました。クララが、主役さん(お誕生会だったので)へのサプライズのつもりでご用意したのが「テラスのテント内」でのお食事。

これが、また、なんちゅ〜か「モンゴルのパオ」風にしたいんだろうけど、ちょっと6人で入るにゃぁ、狭いんじゃね〜か?っつ〜のとテーブル代わりらしい長方形の板が中央に置いてあってそれを挟んで3人づつ座る形態だったんですが…。


気分は「軍議」ですよ!
テントの中は照明が一つしか無くて薄暗く「灯明」の元で「軍議」してる気分。
しかし、近藤さんの居るべき席には「ストーブ」(笑)が置いてあったけど。

ハイジは席順的に見て歳三だったので、すっかり浮かれ気分で胡座なんぞかいて猫背で座ってみたりして…。ホントは胸元ガバーッ!!って広げてみたかったけどいかんせんタートルネックのセーターではそれも叶わず…。

クララは?と言えば今回「幹事」と言う事で最下手に控えており、これがまた「気分は源さん」と嘆いておりました。

そんな筋的会話で悦んでいたのはもちろん2人だけでしたけどね…。

せめてハイジの正面に座っていたなら「山南総長」気分を味わえたのに…。
あぁ、ダメね。そんな事したらクララはきっと永遠に気絶してるわ。

ホントに下らないけど、こんな事ひとつで盛り上がれちゃう私達って安い女だわぁ。。
[PR]
by kurahai2005 | 2005-02-26 17:20 | 堺雅人

またしても軽く気絶

しかし、昨年以来、この「軽く気絶」あるいは「ひざが抜ける」感覚を思い出して、おかしなことになっています。
他の人でも、たまに起こる症状ですが、発病のきっかけは山南さんです。多分。
本日、ハイジと会いまして、シティリビングなどという日頃お目にかからない紙面の堺さんの記事の切抜きをもらい、またしても0.2秒・深度30%くらい気絶しました。
いや、もう一瞬。
なんでしょうなあ。

まだ仕事中なのですが(夜勤?)目覚ましに今一度記事を見たけど、気絶したら仕事にならないと思って立ち直ったところです。うーむ。

明日はTV-NAVIを探しに行こう。
ちゅーかコンビニ寄ってかえろ-っと。

そんなクララでした。
腐ってないと思うよ。自分。ん。でも、腐ってはいない。多分。どう?ハイジ・・・?
[PR]
by kurahai2005 | 2005-02-26 04:02 | 堺雅人

どうって事ナイ話

ん~。今日の「カテゴリー」はオダギリジョーでいいのかなぁ?

ま、いいか・・・。

近々、日本コカコーラさんから「一(はじめ)」ってお茶が新発売されるらしいですね?

どんなネーミングなんだか。まぁ、「一番茶」とかその辺から取ったんでしょうけど・・。
でもね、でも社内のまぁ、その「一」プロジェクトチームに「組!」ファン特に「斎藤一ファン」が居るであろうとは睨んでいますよ。
(いね~か・・・)

そんな風に思いながら飲めばペットボトルのお茶も美味しく感じるじゃない?きっと。
(珍しく前向き発言)

梅花観賞には「一」を飲みながら・・・ね。
(アホくさ・・・)

今日も「腐女子」ハイジでした。

追記:「TV NAVI」の諸々の記事読んだけども、それよりもインパクト大だったのは、ヤマコーの物憂げショットだよ。なんだよ。あれ。ヤバイよ。やばすぎ。あれ見て「萌え」まくってる「腐女子」(下手すっと男子さへ)は猛烈に多いって!!!
もう、ホントたらしだねえ。ヤマコー・・・。

それに比べて「堺さんと小林さん」対談のなんと、ほのぼのした事よ・・・・。ほほほ。
[PR]
by kurahai2005 | 2005-02-25 13:02 | オダギリジョ−

おひさになってしまった

クララです。

なかなか仕事が詰まっておりまして、なかなかかけない。
ご無沙汰です。

ところで、週末に『不機嫌なジーン』の録りだめたのを見ました。
オダギリくん、出てましたねー。
しかし、カツゼツの悪いのが結構良いナーとか思いました。
いやさ、コマーシャルのナレーションとかも、はきはきはしてないじゃないですか。でも、このごにょりぶりが結構悪くないナーと思ってしまうんでした。
このクールは「救命病棟」にかけているので他のドラマはそんなに期待してないですが、まあ、『ジーン』も、こんなもんかなーと。でも、まだ私がみてるあたりはオダギリくんもあんまり出てないし・・・本領発揮になってないのかもしれません。
斉藤に勝るオダギリくんて、しばらくないよね。仕方ない。
でも、どーして、オダギリくんが現代モノのドラマに出るのは比較的平気なのに、なんで、堺さんは嫌なんだろうなあ・・・、それは「組!」以前があるか否かなんだな、きっと。

さて、いよいよDVD発売です。・・・
「特殊ルート」での購入、動いてますんで、お待ちくだされ。ハイジ・・・
[PR]
by kurahai2005 | 2005-02-25 04:03 | オダギリジョ−

産経新聞にヤマコ−

日本で一番安くて夕刊も無い「産経新聞」をとっておりますハイジです。

本日朝刊をバナナ喰いながら「ふんふ〜〜ん」と捲っていくと、おもむろにヤマコ−が…。

なんでぃ!どうしたぃ!新聞に取り上げられるたぁ!どういう風の吹き回しでぃ!
あぁ、あれですな「LOVE ASIA」
これってCX系だったのかぁ。どうりで産経新聞。

ほ〜ほ〜。。。ヤマコ−らしいぜ。
「新選組!」メンバーはみんな死んでしまい、作品への情熱が強かった出演者の多くは腑抜け状態になってしまったと聞きましたが、土方は死んでないし僕自身も全く休む暇が無かったのでテンションが高いまま〜<中略>〜日本にいるときの僕が一番無心になれるのはやはり舞台に立っている時かな。作られた空間の中で芝居をする映像の仕事の楽しさもありますが、自分で空間を作る舞台はやはり魅力があります。」

と…。みんなって…。「斉藤一」は死んでおらんがな…。

さすが「俺様」ヤマコ−。さりげなく土方のその後もあり得る事も匂わせつつ、でも俺は舞台に本腰入れていくぜ!みたいな熱い思いが伝わるぜ…。

でも、映画とドラマもやるんだべ…。

映画はイイかもしれんけど…ドラマはなぁ〜〜〜〜。。。。

またまたちょっと胸中複雑ハイジなのだった。
[PR]
by kurahai2005 | 2005-02-22 23:25 | 山本耕史

もうすぐ発売!「新撰組!」DVD

散々悩みましたけども・・・。
もうこれは次世代に残すつもりで、そう、極論言っちゃうと子供が出来たら歴史の勉強、ひいては歴史好きの子供になってもらう!くらいのつもりで「資料」として、購入する事を決心しました。

幸いクララのお陰でとある筋から若干お安く購入できる運びとなりそうでもあり・・。
(クララ~!ありがとう!頑張りま・・・あ?も、いい?あ。そう)

買うと決まったらすっごい楽しみーーーー!!
まだまだヒョロヒョロのかっちゃんと歳にまた会えるんだね~~!!

ところで・・・。「amazon」の「組!DVD」のレビューを読んでいたらば・・・

<中略>とりわけ、新撰組のブレーン的存在である山南(堺雅人)の最期を描いた第32回「山南脱走」と第33回「友の死」の出来ばえは頂点で、大いに涙を誘う。後半部を除いては貫かれる1日1話という足かせが、ここでは異色のおもしろさの原動力となっている。隊士の中では、鬼の副長・土方歳三役の山本耕史が何ともいえない男の色気を漂わせて出色。(麻生結一)



出色・・・・。出色ですか・・・。このレビュー書いてる方、男性ですよね。
なんともいえない男の色気・・・・。

ドブー!!!(鼻血)(腐女子の妄想暴走中でございます・・・)


おいら腐ってる・・・ハイジだす・・・。ぜ~ぜ~・・・。
[PR]
by kurahai2005 | 2005-02-21 14:36 | 「組!」の人々

ACTORS STYLE

ハイジに「読め読め読め読め読め読め」言われた、表題の雑誌を入手いたしました。そんなクララでございます。
こんな雑誌があるなんて知らなかった。

さて、美味しい特集満載であります。

本日のカテゴリーを堺さんにするか、オダギリジョーにするか、はたまたヤマコーにするのか?と悩んだんだけど、「組!」の人々ってことにしました。(追記:書き終わってから堺さんに戻す私。)
ココロは堺さんに持ってかれたかな、やはり。

ここんとこ見てた「突如脚光を浴びて取材されてるのでとりあえず微笑む」ってうそ臭い笑顔ではありませんが、やはり、このヒトはこういう顔なんだな。とあらためて納得。
インタビューは相変わらず、「高度な会話」で「謎かけ」的。ちゅーか、九州男児的コ難しさにインテリエッセンスが入ってるカンジでややつかみどころがない。
肩の力が抜けてるのか煙にまいてるのか・・・わからない。(そーいうのに引っかかる女なんだが。私は・・・)
でも、写真は薄く脱力した笑顔
1ページめくるとものすごく濃厚な山本耕史くんが出てくるのでエラくギャップ。
ううーーーむ。つかめない。堺さん。
しかし、しっかりつかめて感じたことは、堺さん、このスタイリストとヘアメイク、めちゃめちゃお仕着せ。なんか、わざとらしい「くしゃくしゃヘアー」が、すごく「自分のものになってない」。
ついでに、スタイリスト!!タイアップで持ってきているんだと思うけど、衣装がいちいち安すぎ!ジャケット9800円、シャツ4900円、Tシャツ2400円、ベルト2900円、パンツ8900円って。。。。「半芸能人(失礼!)」化している堺さんに着せるにしちゃ安すぎない?
いまどきユニクロのジャケットだってもっと高いっちゅーの。

そんなことを思いつつ、他のヒトのところもじっくり読みましょう。
[PR]
by kurahai2005 | 2005-02-21 03:50 | 堺雅人

む!無念!先を越されたか!!

日本アカデミー賞の発表日だっちゅ〜のに録画を「歳三」(ハイジの愛機:HDD内臓DVDレコーダーの愛称←おいおい!いま「愛妾」って変換されたよ!それもいいなぁ(腐))にお任せして水道橋(なぜ?)で酒飲んで酔っぱらって気持ち悪くなってた外道ハイジです。

むぅ!多忙であろうとタカを括っていたクララに先を越されるとは!

クララー!良く頑張りました!
…あぁ、はいはい。すいませんすいません。

さて!取りましたね〜!ジョ−!!やりましたね!ジョ−!
「最優秀助演男優賞」本人もべっくらしてたけど、ハイジ的には「森山未来」君なんじゃないかなぁ〜?と予想していたものでうえーーーー!!と絶叫してしまいました。

まぁ、衣装にもド肝抜かれたけど…(クララよ。あれはMgさんに怒られないのかなぁ?どうよ?)

おいおいひとりファッションショーと勘違いしてるヤツがおるで?と思ってみてたら
ジョ−だし…。頭半分モヒカンだし…。
受賞のコメントも「なんか…気持ち悪いですね」って…。

最高!にカッコ良かったよ!ツボったじゃね〜か!

やられました。も、ハイジは今迄「違う違う。そうじゃない」と思い込んできてたけど…ええ、はい。ジョ−がツボ!ツボでございました。

無口でサラッとした男が好きなんです。くは…。参りました。降参です。
「血と骨」観ます。(観てなかったのかよ!)観念して…。(?)

クララも書いていたけど「血と骨」のテーブルには「組!」メンバーが3人も!
(京香さん!おめでとう!良かったぁ〜!)それに浩市さんに三谷さん。豪華!

作品賞を受賞した「半落ち」は映画館に足を運びましたけど、これまた秀逸!
樹木希林さんの法廷シーンでは人目も憚らず号泣しました。納得の受賞だと思います。(あぁ、柴田恭平さんも凄く良かったんですよね〜)

邦画はどんどん素晴らしい作品が誕生してきますね。
すごく良い事だと思うし、きっとオダギリ君(急に君づけ)達がこれからを担って行くんでしょうな。あ〜ちょっとジョ−が遠いところに行ってしまった様で寂しくもあります。(これぞファン心理ってヤツ?)

話題代わりまして…。
酒で頭ガンガンしながらも、夜中3時まで必死で起きて観たのは、もちろん「えぇ処」

ゲストはW山本(耕史・太郎)の2人。

ホントにヤマコ−は器用だ!ナンでもできるね!ちょっと出来過ぎて、いっそ「器用貧乏」になっている気がしないでもナイんだけど?大丈夫か?

マジックをしてる時の手がまた白くて細くて綺麗だこと!綺麗だこと!
これが男の手だろうか!!っつ〜くらい!綺麗でしたよ!

ぐっさんの即興ミニコントに涙を零しながら喜ぶヤマコ−も可愛かった〜!
ギターセッションするぐっさんとヤマコ−を嬉しそうに観てる太郎ちゃんも愛しかったよ!

かたや華やかなアカデミー賞でトロフィー貰って…。
かたや楽しそうに仲間で集って…。

ジョ−は随分先に行ってしまったね…。くすん。

なんとなく胸中複雑…二日酔いのハイジでした!
[PR]
by kurahai2005 | 2005-02-19 18:14 | オダギリジョ−

日本アカデミー賞

(あー日付変っちゃったけど)今日も会社で夕ご飯を食べながら「日本アカデミー賞」を見ちゃいました。
見出すと止まらないのね。
結局新人賞から最後まで観ちゃいました。そんなクララです。

で、まあなんちゅーか、今回のワタクシ的注目はもちろん、オダギリジョーが「血と骨」で助演男優賞を獲れるかだったんですけどね。
いやー拍手。拍手しちゃいましたよ。
オダギリくん、奇抜なヘアスタイルにさらっとした表情で、なかなか良かったです。
なんだろうなあ。今日の彼は好青年。
斉藤一はあんなに静かにぎらぎらしてたのに・・・
「局長ーーーーー!!!」
って雨の中で叫んだのはやはり演技であり、そして今日の彼の好青年振りとて演技かもしれないとか、また深読みをしてうなづいておりました。
ついでに拍手だったのは、お梅さん・・・鈴木京香さんの主演女優賞。
これまた「血と骨」だったんだけど。いやーーーキレイでしたね。鈴木さんは。竹内結子ちゃんも可愛かったけど、すまん、今回は譲ってくれっ!!ってカンジでした。
プレゼンテーターには鴨さんが・・・っていちいち「組!」役名で呼んで、「まだその世界の中にいるんですか!」と後輩にたしなめられました。去年は一緒に「組!」で盛り上がってたくせに・・・
あ、三谷さんも「笑の大学」でいらしてましたね。
いや、こうやって見ると「組!」ってなんて充実したキャストだったんでしょうか!!

アカデミー賞の結果は、まあすべて「妥当です」ってとこだったんだけどね。
「半落ち」見なきゃ。
「血と骨」は原作読んじゃったから、辛いかなー。でもオダギリくんは最高にかっこよかったと見た友人は言ってたけど・・・
そうして週末に向かう私でした。
[PR]
by kurahai2005 | 2005-02-19 05:24 | オダギリジョ−

軽く気絶

ハイジから、堺さんのどーってことないインタビュー記事のURLが会社のパソコンにメールされ、ただいま見て一回軽く気絶しました。
いや、会社なんですけどね。まだ。そんなクララっす。

しかし、なぜ、こんなに笑顔がうそ臭いんだろうか。
いや、もう、このうそ臭さはもはや「地顔」なんだろうか・・・。
去年は芝居だと思ってたよ。山南敬介って人としての。
しかし、ひげ、剃ったようね。
まあ、嫌いじゃなかったけど。ひげ。
あーそうですよ。こぎれいで賢そうで礼儀正しい男に「ちょっと汚し」が入ってるのが好きなのだよ。
(この場合「ひげ」)
オダギリジョーもそういうキャラだな。
彼の場合はちょっと「汚れの雰囲気」。

まあね、オダギリジョーも最終的には「組!」好きだったんだと思うよ。
もはや確認する術も無いが。打ち上げとかは行ってるらしいじゃん。

さて、DVDボックス発売が近づいてきたなあ、と思う。
まとめて観たら、また燃えそうで怖い。けど、見たい。
[PR]
by kurahai2005 | 2005-02-18 00:15 | 堺雅人