「ライフ・イン・・・」みたよ~

藤原くんと市村さんの「ライフ・イン・ザ・シアター」を観て来ました。

そうだなあ、私は、結構「辛かった」っす。
それはですね、芝居が不味くて辛いんじゃなくて、感情移入して辛くなった。市村さんに感情移入したんだな。多分。いや、辛いよ。悲しいよ。どうしようもないよ。
セクシーな藤原くんもそれをとめられなかった。
カッコよかったけどね。藤原くんはマジでキレイだ。本当にキレイ。

脚本もいい、役者もいい、芝居もいい。
だけど辛いといえば内容が辛いに他ならないわけよ。
きっと、私はハイジに比べて、喜劇好きで、考えさせられることに弱いんだろな。そんな風に思いました。だから、劇中劇とかがもうちょっと笑えたり、面白かったりすれば、もうちょっと救われたのかもね。
とはいえ、「いい芝居観た」という充実感をたかが2時間弱で思わせるのはすごいね。
そして、世田谷パブリックシアターはいい劇場だよね。

芝居に行くともっと芝居に行きたくなる。
映画を観るともっと映画を観たくなる。

今年はそれにはまっているなあ。
5月はハイジと一緒に芝居もあるし。

そうこうしている間にもう、連休ですね。
[PR]
# by kurahai2005 | 2006-04-24 00:16

どないなっとんねん!!!

なんだーー!
1ヶ月に1度しかアップできてない状態じゃあないかーーー!!!!


大変たーいへーん!ご無沙汰しております(1ヶ月前も同じ出だしでしたけど)「ハイジ」にございます。


クララも忙しいんです。とても。
あの人、入院してた時はすっかり「覇気」が削ぎ落とされちゃって心配してたんですけど、もうすっかり復活して「ギラギラ」しちゃってますよ。
でも、忙し過ぎだよね。

ハイジも今年に入って2度目の風邪をひいておりました。情けない!!!なんちゅー虚弱な!
乙女か!っつの!!(?)


多忙多忙と言いながらも、色々「組!」ネタには接触してはいたのですが。

藤原君と市村さんのお芝居「ライフ・イン・ザ・シアター」を観て来ました。
これ、クララは来週観に行くので(今回事情が有って別々に行くんです)あまり詳細書けないのですが、ハイジは実は「生フジタツ」はお初だったのです。

ん〜〜!!天才かも!!!マジで。ちょっと軽い衝撃。
新米役者の成長とベテラン役者の衰退を色々なお芝居のワンシーンを絡めながら描いて行くんですけども…。
最初は初々しく何事にも謙虚だった藤原君が徐々に頭角を表すに従い、先輩の助言を疎ましく思い不遜な態度を取る様になって行く。
それを苦々しく思いながらも羨望の思いを拭えない老役者の悲哀…。

良いですなぁ!笑い有り、考えさせられるところも有り。
2時間弱の短いお芝居でしたが、大変中身の詰まった充実したお芝居でした。


藤原君はかなり、例のお姉様達をメロメロにしちゃう魅力(?)を抑えて、若々しくフレッシュ(…。)に見せる事に専念しているな…と、見受けられました。
他のお芝居観てないので比較は出来ませんが、やはりこのお芝居は市村さんの老練な演技が有ってこそ活きてくると思うので、きっと市村さんの胸を借りるつもりで演じていたのではないかな?

気負いも無く、ノビノビと楽しそうに演じていましたよ。(それも演技なら大したもんだ。)
いや、でもきっとお姉様達はメロメロでしょう。間違いないっ。

その他にも、ハイジは4月頭に「東山温泉」に行って、『土方歳三湯治の湯』ってヤツを巡ってきたんですけどね…。

天気悪くて…。寒くて…。挙げ句に閑散としていて…。なんか滅入ってきちゃったよ。
あ、でも初めて「天寧寺」にお参りに行ってきました。

とても眺めの良い、それこそ土方さんが本当に「もっと上だ!」と言って建てさせたんだろうなぁ…と思える山のかなり上の方に建つ立派なお墓でした。

山本君も言ってましたけど、此処は間違い無く土方さんが近藤さんの冥福を祈った場所なので、ちょっと神妙な気分になる…かなぁと思ったんだけど、もうとにかく寒くて雪が残っていて山道グチャグチャだし、あわあわしながらお線香供えて失礼させて頂きました。(情緒の無いヤツ)

斎藤スキーのハイジには外せない「阿弥陀寺」にも、もちろん行って『藤田家の墓』にもお参りしてきました。

なんつ〜か…。
きっと近藤さんや斎藤さんはなんでこんなに若い姉ちゃん達が頻繁にお参りしてくれんだろうなぁ?って不思議に思っているんでしょうね。(近藤さんは喜んでるか。女好きだから)

これからの予定としては5月の山本君が参加予定となっている「日野新選組」祭りの「次の週」(泣)に日野巡りをする事になっています。

その、翌週の函館「五稜郭祭」(山本君、大変だねぇ。でも偉いねぇ。本当にご苦労様です)には(当たり前だけど)行けません。

なんだかんだ行ってハイジは実はまだまだ「組!」にドップリ浸かっているのでございます。

更新は停滞(っていうか止まってますけど)気味ですけど、まだ、このブログは続けて行きたいと思っておりますので、どうか見捨てずに、たまにで結構ですので覗きにいらしてみてやって下さいませ。


では!これにて!ハイジでした!
[PR]
# by kurahai2005 | 2006-04-16 16:37 | 日々雑事

も、申し訳ござらん!

こんにちは!

すっかり鳴りを潜めております。クララ&ハイジです。


クララは相変わらず絶好調に多忙な毎日なのですが、ハイジは・・・。
んんー。そーでもないのですが、「組!」ネタが無い!!!


ジョー君の「時効警察」はそりゃもうツッコミどころ満載で、ブログにあげたいとは思っているのですが、ん~・・・でもなぁ・・・。

そして堺さんの「出雲の阿国」も途中で脱落しちゃったしなぁ・・・。
(菊川○(伏せてねぇ!)がキモ過ぎるんだもんよぉ~辛すぎるよ)

ヤマコーも最近めっきりTVから遠のいてますもんね。
(「音遊人」におめぇそりゃどうなんだい?ってシャツ着て出てましたけどねぇ・・・)


も、もうすぐフジタツ様のお芝居観に行きますから!

あ!「戦国自衛隊」も観たんだ!
いやーー!あれは・・・・常に単独行動(笑)のお殿様「小早川秀秋」様も猛烈にエロ(?)かったですねぇ。

「余は姉上を愛し、おりんを愛し、そして伊庭・・・おまえを・・」


まで言った時は「伊庭、お前を愛す!」とかって告白でもしやがんのか!ってドキドキしちゃいましたね。(腐ってますよ。ええ。どうせ)


いや、ホントに。


ま、ぼちぼちとまた現れますんで・・・。すいませんです。
[PR]
# by kurahai2005 | 2006-03-01 16:51 | 日々雑事

「有頂天ホテル」を観た

昨日ですけど、ハイジと私クララは、ついに「有頂天ホテル」を観に行ってまいりました。

最近文化活動が低迷のため、ネタがなくて悶絶の私に先を譲ってくれたハイジに感謝しつつ、先にあげちゃおーっと。

さて、なんと申しましょうか。
「良く出来た脚本」のお手本のような脚本。
もう、書いてる三谷さんが楽しくて仕方がないだろーてくらい、軽快でありながら伏線の張り方と回収が完璧なものがたり。
もう、全く飽きずにひきつけられたまま、観終わりました。
そして、拍手!思わず拍手をしたくなる幕引き。

これこそエンターティンメント。
ブラボーってカンジでした。

キャストも本当に素晴らしい。
そもそも、ストーリーにはまり込むため、役者が誰かということなどすっとんでしまう私は、せっかく沢山出ていた「組!」のひとびとを片っ端から見逃していたようですが、まあ、それは残念だけど、本当に楽しかった。
あれだけの出演者と絡みあったり離れていくいくつもの物語を、しっかり見せていくのも見事。
「もしかしたら一組出演者が多いかな?」という印象がなくもなかったけど、やっぱりどの人たちが抜けても、見事にパズルのような伏線三昧のドラマは完成しないし、今のような軽快かつほのかに重厚な印象は作りえないんだろうなあ。

というわけで、上質のエンターティンメント。これこそ。
ってカンジでした。

今日会った友人が「オダギリジョーがどこに出てたか、最後までわかんなかった」って言ってたのには笑ったけど。
[PR]
# by kurahai2005 | 2006-02-12 23:54 | 「組!」の人々

き、気になる!!続きが!!

こんばんは!ハイジですよぉ!

お!クララが真面目に「組!!」の事を語り始めましたね?
よしよし。じゃ、その隙にハイジは「ハチクロ」の話を…。(うっへっへへ)

いやー参ったね。忙しくてまだ4巻までしか読んでないんですけども、
森田が海外に行っちまって、ハグを巡る(主役のはずの)竹本VS森田の恋愛バトルが休止になった途端に!
真山と野宮が!!くぅ!気になる!一気に気になる!

女子の番号メモリ満載の携帯を海に投げ捨てる男「野宮」もすげ〜いい味出してるし、半分ストーカー「真山」の人妻への恋心にも猛烈に胸を抉られるっちゅーの!!

は〜ちょっと大人な恋愛になってきたのよ。そうなのよ!
キャンパスラブ!じゃなくなってきたのよ!

やばいっす。これは…。翔君とか堺さん目当てでは無く、このままでは「真山」と「野宮」(←誰が演るんだろう?…ん〜今調べてきたけど野宮は出ないかも?ガッカリ…)目当てで映画観に行っちゃうかも…。



へっへっへ。そんでもって「蟲師」
オダギリで実写化ね…。白髪に緑眼。うっひゃひゃっひゃ。
『「時効〜」の後のスケジュールは白紙なんです。』なんて言ってやがったから「んなこたぁねぇベ…」と思っていたら…。渋い。渋過ぎ。挙げ句に監督:大友克洋。

世間がオダギリのスケジュールを白紙のままにしておくもんですかっちゅ〜の!!

「デスノート」も有るしねぇ。今年は漫画の実写映画の当たり年になると良いね。

あ〜気になる。野宮が…(まだ言ってる。)
あ!今日は「アンフェア」だ!瑛太君が観れる〜♪

とっちらかったまま終わる。
[PR]
# by kurahai2005 | 2006-02-07 19:06 | 日々雑事

新選組!! のこと その1

クララです。
かなり、腰が重いのですが、「別ネタあげてねーで、あげろ」と怒られつつ、すこしずつ考えていこうと思います。

本当はハイジと一緒に観た当日、あげようと熱く書いたんだけど、誤って消しちゃってあげられなかったんだな。

1、「幕引きのためのドラマ」

「組!!」ね。
もう、これは、「幕引きのための90分」だと思う。
「ほぼ日」には「土方が死ぬためのドラマじゃない、生きるためのドラマだ」という解釈が載ってましたが、確かにあのドラマの素敵なところはそこだけど、やっぱり、成り立ちは、「終るため」だったと思うのですよ。

2004年の12月に、「友の死」以来の号泣で最終回を迎え、そのあと、更に京都にまで行ったハイジと私は、「はまった」人間独特の「ドラマが終っても、そのことを考えてやまない」状態に突入して2005年を迎えるわけです。そういうひとは世の中にたくさんいて、多分山本耕史くんとかもそうだったんだけど、そんな「考えてやまないヒト」を回収して収束させるためのドラマ。それが「組!!」だったと私は思わずにいられないんだよね。
だから、そういう意味では「三谷さんありがとう」「NHKありがとう」と思うわけだけど、ここでやはり「夢は終る」のですね。

特にハイジと違って、私は超歴史オンチだったため、もう、「組!」の一年は、ほぼ、幕末を共に生きた気分。だって、すべての歴史的事件は「初めて知る」こと。すなわち、「新しい事件」なわけで、もう、本当に私はバーチャル幕末を新選組のそばで生きた気分だったわけですよ。それが、ぽーんと、「最終回」って終られちゃった。歴史は止まらないものなのに、強制的に終られた気分。こりゃないよね。
そんな「カットアウト」された気持ちを着地させるために、このドラマを作ってもらった気分なんだな。私は。当然「残された私」は続く歴史のことを調べます。そうすると、彼(土方)がまだ生きていること、更に歴史を刻むことがわかるわけですよ。
だって、「燃えよ剣」も「黒龍の柩」も函館まで描かれるわけですからね。
確かに一昨年の「組!」は新選組のハナシで、近藤が主人公なんだけど、その死後、ハナシを引き継ぐにふさわしいくらい土方が重要であったこと、そこまでに描きあげたこともちょっと特別だったのかもしれないけど。

というわけで、本当だったら1年で終るはずの「大河ドラマ」は終ることを許されず、続編制作に至った…と思うわけです。
視聴者層が通常の大河より若かったってことも起因するような気がするけど。
「能動的視聴者層」だったってことだよね。

というわけで、ついに私の中の幕末も終ったわけです。
いや、まあ、そういうわけで、きっと歴史に触れてない私はいろいろなドラマチックな「歴史モノ」に触れれば、新たな熱意が沸いてきたりするのかもしれないけど、それにはもうちょっと冷却期間が必要かな。特に幕末にはね。
私にとって、近藤勇は香取くんの顔をしていて、そして、竜馬は江口さんの顔をしているものになっちゃってるから、もう。

というわけで、「組!!」による、収束は、自分にとってかなり意味のある「終末」である、ということを静かに確認できるわけです。
[PR]
# by kurahai2005 | 2006-02-04 18:28

いまさら「きみはペット」

と、美少年を愛する私としては、「これ読んだら終わりだよ、オレ」と思って手を出さなかった、「きみはペット」が完結したと聞き、全巻一気オトナ買いしまして、読んだのでした。
クララです。
まあ、なんでしょうねえ。。。
やっぱ、「これ読んで、感情移入しまくって終わってるよ、オレ」。
でした。
数年前のドラマでも充分感情移入したんだけどね。
まあ、小雪にマツジュンてのは妥当なキャスティングだなあ。

ところで、マンガ原作のいろんな映画も出来るらしく、非常に気になります。
昨年超はまった「デスノート」の映画化。撮影が始まったらしいってうわさも聞くわけです。もちろん近々「ハチクロ」も出来上がるわけですね。
私にとっての「ベストマンガ」は「バナナフィッシュ」なんですけど、これが映画化される場合にはひとこと言いたいわけよ。ねえ。あと、難しいなあと思うのは「のだめ」だね。クラシック好きの自分的には、あれを音付きで観るのは多分耐えられないなあ・・・
アイドル系役者がなんちゃって演奏するのとかますます耐えられない・・・
などと言ってないでいかねばね。ハイジ・・・「有頂天」ね。

そーなんすよ。藤原くんのお芝居もね。
チケットが取れたので、残念ながらハイジと別々ながら観て参ります。
って、言う前に今年はいろいろ劇場に通うことになります。

これまた楽しみにしつつ。。。
「組!!」評、もはやあげられなくなってきた・・・・うーむ。
[PR]
# by kurahai2005 | 2006-02-02 01:54 | 日々雑事

組!の事いろいろ。

なろー!人がせっかく昨夜久しぶりにブログ更新しようと思ったら「メンテナンス」ですよ!!!
25時~10時までって!長過ぎですから!

ま、いいか。別に。


はい!こんばんは!ハイジです!

ちょっくらご無沙汰してしまいましたね!その間に色々なネタ拾ってきました。

「ほぼ日」
やっと「観終えて」の感想がアップされてましたね。
乳製品絡みの簡易年表を作成した茂木さんがすごいもてはやされていて笑えます。

ロマンチな「酪農王国」実現できれば良かったですよねぇ。
土方さん牛の乳搾りとかしちゃって・・・。大鳥さんチーズとか作っちゃったりして・・・。


・・・・。イ、イヤだ。そんなの。
土方さんはあそこで亡くなったからこそ、こうして名を残しているのであって、あそこで乳搾りをしていたら、歴史から抹殺されていたことでしょうよ・・・。

そう考えると歴史ってなんだか残酷よねぇ。しみじみ。死んだもん勝ちみたいなね。(実際、龍馬とか西郷もそうだもんね、あ、みんなそうか。)

話戻るけど「ほぼ日」の皆さんはもう「完全燃焼」されたな・・って感じでしたね。それもこれも三谷マジックのおかげなのかしらね?


「組!!」公式ページ
うきゃーー!久々に更新されてるよーー!と思ったら「市村鉄之助」役の池松君からの直筆メッセージが!!
きゃ、きゃわゆい!!ホントに15歳なの?君は?なーーんて可愛いのーー!
「特に山本耕史さんには可愛がって頂きました」・・・・ってヤマコー!!!
くのーー!おまえ結構本気で池松君の事狙ってたんじゃねぇの?喰ってねぇか(こらこら!!!)おら!

・・・失礼致しました。(その筋魂が出てしまいました)

ハイジは鉄君のためにDVDを買っちゃおうかなぁ!って思ってるよ!!


「里見八犬伝」
って、これはまぁ「組!」に関係ナイんですけども・・・。
録画に見事失敗しておりました・・・。前後編全てパーっす。クスン。
勝地涼君が観たかったのに・・・。(号泣)春ごろに再放送とかやんね~かな?やりそうだな。でもな、長いからな。クスンクスン。



今週土曜日のスタパでは「マチベン」が紹介されるみたいっすよ。
エリート弁護士さんを拝見しようか!させて頂こうか!!あぁーー!
(誰に啖呵切ってるんだ?)


クララー!そろそろ「有頂天ホテル」行きましょうや!
話題に乗れてねぇぜ!おいら達・・・。


お!そうだそうだ!最後に!
エロタツじゃなかった!フジタツと市村さんの二人芝居「ライフ・イン・ザ・シアター」チケット取れました!取れました!イエーーー!!

クララも取れてますので(別々ですが)観に行きまーす!
やったー!初の生エロタツだーー!(ちょっと・・・)楽しみっすね!うひょ!

って今「戦国自衛隊」やってるけど、今日は観ないぞーー!録画しといて「アンフェア」観るんだーー!
この件はまた追々アップさせて下さいねーー!


では!これにて!
[PR]
# by kurahai2005 | 2006-01-31 21:11 | 「組!」の人々

た、太郎ちゃん!!

あぁ!良いなぁ!観ました!観ました!
先週見逃してしまったんですけど「神はサイコロをふらない」


ハイジは小林聡美ちゃんが大好き♪なので、凄く楽しみにしていたんですが先週習い事の後に飲みに行ってしまってうっかり見逃してしまってました。

「ん~、もういいかなぁ・・・。」なんて実は思っていたんですが・・・。


観て良かった!!!

ちょっと映画の「黄泉がえり」を彷彿とさせますけどね・・・。

聡美ちゃんも良いですけどともさかりえちゃんも可愛くて、なんつっても、山本太郎ちゃんが最高に良い男です。

少しだけ、左之助っぽいよ。
でも、もっと懐が深そうで優しそうで頼りになりそうで・・・良い男だ!!

そういや先日クララの家でご飯を食べながら、「組!」の面子と「中の役者さん」の面子で結婚するなら誰?つ~、女子にありがちな「実のない」話をしていたんですけど、ハイジは「組!」なら絶対!!!!に「斎藤」「中の役者さん」なら「太郎ちゃん」って答えました。

ん?クララは「山南さん」の「堺さん」(一緒じゃねぇか!)って答えていたっけか?


今クールは本当に良いドラマが揃ってて嬉しいわぁ。

来週はフジタツの「戦国自衛隊」も有るしね!良いねフジタツは・・・。
「デスノート」の主役も決まったし・・・。


「バナナ」とは違うよね・・・・。クスン。


「神はサイコロをふらない」おススメです!


ハイジでした!(最近ドラマの話ばっかしですいませんねぇ)
[PR]
# by kurahai2005 | 2006-01-26 03:06 | 「組!」の人々

すごい今更ですけど・・「紅白」観ました。

ども!ハイジです!

ええ!会社からです!暇ではありません。でも良いんです。お茶飲む様な・・つまり気晴らしなんで・・。ブログ上げるの・・。

今更なんですけど・・・。
週末ドエライ雪で出掛けるのも「うんざり」しちゃったので・・・・。
覚悟を決めて「紅白歌合戦」観ましたわ・・・。

4時間以上有るんでね、それなりの覚悟決めて観ないと・・・。

いやー・・・・。


辛かった・・・


オンタイムで観てなくて良かった・・・。シミジミと。
もう、ヤマコーが一言喋るたびに変な汗が「ジワ・・・」っと滲み出て来るんですもの。

その内、ヤマコー観る為に録画してたのに、ヤマコーの場面飛ばす様になっちゃったよ・・・。
「手に汗握る」とはまさにこの事。


普段あんなに「俺様」なんだから、もっと、どっしり構えててくれりゃ良いのに。
なぜにお前ひとりだけそんなに「巻き」が入ってるんだ?
また仲間ちゃんのあのそつの無さと対照的でねぇ・・・。
とにかく言葉が被り過ぎなんだよ!有り得ねぇよ!

お笑いの人達との絡みの凄まじい「スルー」具合も気持ちが良い程だったよ。


あ~。辛かった。
でも一応全部観て「削除」しました。
ハイジの中では、この事は無かった事とさせて頂きます。


頼むヤマコー・・・。素直に役者だけやっててくれ・・・。

今回わかったんだけど・・・ハイジはヤマコーのかなりFANだったんだな。


げっそり・・・。
[PR]
# by kurahai2005 | 2006-01-23 16:01 | 山本耕史